商品リサーチ

【商品リサーチ】Amazonの商品をアリババ・タオバオで20%効率良く探す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リサーチ000

どーもKAZUです!

今日の記事では、日本(Amazon)で見つけてきた利益の出そうな商品を、中国(アリババ)で効率よく探す方法についてお伝えしていきたいと思います。自分での作業の効率化+従業員や外注さんの作業も効率化できる内容になっていますので、チェックしていきましょう。

まず「どんな商品を売るのか」が決まっていない場合は、下記の記事を参考にリサーチしていきましょうね!

億越え中国輸入セラーのOEM商品リサーチ方法



Amazonの商品の特徴を押さえる

まずAmazonで売られている商品の特徴を押さえていきましょう。今回は↓の商品でリサーチを進めていきます。

リサーチ001

さてこの商品にはどんな特徴があるでしょうか?

「Tシャツ」「長袖」「Vネック」「メンズ」「黒」

KAZUがパッと見で思いついた特徴は上の5つですね。さすがにTシャツという情報だけでは探しにくいですが、5つくらい押さえておけば、短時間で見つけることができるかと思います。商品仕様や商品詳細コンテンツ等まで読みこめばもっと多くの情報を得ることもできます

 

Google翻訳で商品の特徴を中国語に変換

次にAmazonで見つけた商品を中国側で探すために、商品の特徴を「Google翻訳」を使って変換していきます。中国語は2種類に分かれていますが、変換先は「中国語(簡体)」にしておきます。

リサーチ002

ここで一つ注意しておきたいのは、Google翻訳は「日本語→中国語」の変換は精度が低めであるということです。例えば「iphone ケース」の類語で検索すると3パターンくらい出てきます。

リサーチ003

一番上だけ正しいキーワードになっていますね、ここは正直慣れるしかないですが、いくつかのキーワードを試しておくようにしましょう。

 

アリババで同じ商品を探す

商品の特徴を翻訳し終わったら、実際にアリババで商品を探していきましょう。先ほど翻訳したものをアリババにコピペします。タオバオを使っている人はすぐにアリババに切り替えましょうね、値段が大きく違います。

リサーチ004

 

今回の場合は、まず「似たような商品」が先に見つかりました。似た商品を見つけることができれば、「そのお店の中」に目当ての商品があったり、目当ての商品の「およその相場」が分かります。どうやら商品価格の相場は「35~40元」あたりのようですね!

 

リサーチ005

 

この商品の同じお店の中に、お目当ての商品がないか探してみたところ、右側のサムネイルに表示されていました。これで商品の相場は「35~40元」ほどで確定のようですね。一旦Amazonとアリババで同じ商品が見つかったら、次は「最安値」を探していきましょう。

リサーチ006

 

アリババで最安値の工場を絞り込む

最安値と聞くと「品質に難があるから安いんじゃないだろうか、、、」と思ってしまいがちですが、実際の所そうでもありません。理由としては、アリババの中には工場直販の店舗もあれば、工場からの卸してもらった商品を卸す「卸業者」もいるためです。当然工場直販の店舗が最安値で販売することができます。

また、OEMの交渉も「卸」と交渉すると無茶な条件を付けられたりします、よって必ず「工場」を探すようにしましょう。

KAZUの経験上2~3元くらいの差であれば、値段は品質には影響しませんし、むしろ最安の所が一番品質が良かったということもザラにあります。

リサーチ007

アリババには「価格を絞る機能」があります。ここで先ほどの商品価格「39元」より安い店舗を探していきます。

リサーチ008

そうすると、結構探していくと「36元」くらいの商品が出てきました、この辺が最安値のようです。39元と36元、3元の差と言えど1000枚仕入れるとしたら3000元、50000円くらいは仕入の時点で利益に差が出てしまいますね、安く買って高く売るの基本に則って、仕入れはなるべく価格を押さえましょう。

 

アリババでの検索テクニック集

アリババでのリサーチを効率化するためのテクニック集をお伝えしていきます。

アリババで工場のみを探す

「経営模式」のところを「生産加工」に絞ることで、工場のみを表示することができます。

リサーチ009

アリババで最小ロットを絞る

先ほどの値段を絞るところの真横に最小ロットを絞れる項目があります。

リサーチ010

アリババのサジェスト機能を使う

翻訳をするときは、頭に浮かんでいても「何という日本語を変換すれば正しく中国語に変換されるのか?」という場面が出てきます。翻訳するよりも、サジェストからキーワードを抜く方が早い場合もありますね。

リサーチ011

 

Google画像検索を使う

文字ではなく、「画像」で検索することができます。

リサーチ012

リサーチ013

ドメイン指定でGoogle画像検索

検索キーワードに「site:ドメイン」を打ち込むと、そのドメインのサイト内でマッチする画像を探すことができます。上の検索結果では、taobao以外のサイトも入ってますが、下ではtaobaoのみになってますね。

リサーチ014

 

まとめ

これでアリババでの商品リサーチには苦労しなくなったかと思います。流れとして「商品の特徴把握→翻訳・画像検索→同じ商品を見つける→最安の絞りこみ」という流れでやっていくようにしましょう!

 

↓中国輸入の歩き方 – 0 to 300 – ↓

↓中国輸入の歩き方 – 300 to 1000 – ↓

 

自由なライフスタイルKAZU式中国輸入メールマガジン

main-ph02

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

初心者からベストセラーを多数輩出した、KAZUのノウハウが濃密に詰まった超有料級のメルマガ講座

無料で今すぐ登録

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)