Amazon全般

1商品で利益爆発!今日から学べるAmazonOEMの概要!リサーチからSEO対策まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
pexels-photo-27843

どーもKAZUです!

今回の記事では、KAZUが実践しているOEM戦略について、概要を説明していきます。中国輸入OEMがどんな流れで進んでいくのか、どんなメリット・デメリットがあるのかをチェックしてください!

OEM戦略でAmazonバブル

OEM
2016年の中国輸入業界では「OEM」を一早く実践した人達の中でAmazonバブルが起きました。KAZUもそのおかげで年商2億以上に成長することができました。今回の記事では、この「OEM戦略」を行っていくために必要な「AmazonSEO」の知識について解説していきます。

OEM戦略って??

OEM戦略と聞いてもわからない方もいらっしゃると思います。中国輸入内でのOEM戦略とは「1商品で数百万の月商」を作りだすための戦略です。1商品でサラリーマンの月収を大きく超えることも可能で、実際に副業で実践している中で、本業より大きな収入源を得ている人もいます。「1商品で数百万の月商」を作りだすために、商品を「OEM」で生産し、「AmazonSEO」を駆使してAmazon内で爆発的な売り上げを作っていくことが可能です。当ブログではこの一連の流れを「OEM戦略」と言っています。

OEMについてもう少しkwsk

中国輸入業界の中で「OEM」という言葉は、「既製品に自社タグをつけて自社ブランド化」したり「商品の欠点を改良し、品質を向上させる」ことを言います。つまり、既製品をそのまま転売するのではなく、「自社の強み」をプラスして「ほかの業者と差別化」して販売していくことを目的としています。

OEM戦略のメリット

中国輸入では「OEM戦略」の他にも「相乗り出品」や「無在庫転売」などの手軽な手法も存在します。しかし「OEM戦略」には独自の大きなメリットがあります。

  • 商品数が少ないため、自由な時間が増える。
  • 利益率をある程度操作できる。30%~
  • 一度ヒットしたカタログは年単位で売れ続ける。
  • つまり資産構築型に近いビジネス。

1商品で爆発的な売り上げを上げる商品カタログが作れれば、年単位で売れ続けます。在庫補充も月1、2回で済みますので、基本的な作業量が「商品数で勝負の単純転売」と比べ段違いに少なくなります。相乗り出品やメルカリなど、過酷な労働型のビジネスより少ない時間で大きな利益を作り出すことが可能です。KAZUの場合1日2時間以下で、1日20万以上の利益をキープしています。

OEM戦略の流れ

  1. Amazon市場リサーチ
  2. 中国側商品選定
  3. サンプル発注&工場選定
  4. OEM生産
  5. Amazon新規カタログの作成
  6. SEO対策 
  7. 商品がヒット!finish

基本的な流れは、「リサーチ→仕入れ→販売」で普通の中国輸入と変わりません。市場リサーチやサンプル発注、商品改良などのオプションがありますが、難しいことではないのでとりあえずでも進んでいくのがオススメです。OEMのリサーチやSEOなどは、下記の記事を参考にして下さい!

億越え中国輸入セラーの商品リサーチ方法

2017年版Amazonで商品を爆売りするSEOの極意

OEMは時間がかかりがちなので、販売までは急ぎ急ぎで進めていくことを意識して進めていきましょう(^^♪

KCT

コメントを残す

*