Amazon全般

アマゾンで月収100万円稼ぐなら単純転売??それとも中国OEM??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
OEMか転売か?

どーもKAZUです!

今日はアマゾンや物販で稼いでいきたいという「初心者」の方に向けて、物販ではどういうノウハウがあり、どんなやり方が稼ぎ易いのかということをお伝えしていきます。

物販に関するノウハウブログや塾・スクールは日本に数えきれないほどありますが、KAZUのブログでは「年商億」という一つの壁を超えることにフォーカスしたノウハウをお伝えしています。億越えに必要なのはKAZUのブログだけで十分です(笑)

では「物販にどんなノウハウがあるのか」と「何が稼ぎ易いのか」を見ていきましょう。


アマゾンを使ったノウハウの種類

amazon

今回はKAZUの主戦場である「アマゾン」を使った物販に絞って紹介していきます。というより初心者の方は「アマゾン以外」の販路に手を出すべきではありません。メルカリはもっと簡単にできますが事業として拡張性がなく、楽天やヤフーは集客に苦労することでしょう。

アマゾンは初心者が参入し、数カ月で月商300~500万くらいは達成できる唯一のプラットフォームです。

ではそのアマゾンを使った物販ではどんなノウハウがあるのかを見ていきましょう。

 

店舗せどり・電脳せどり

chinatrade (3)

一番手軽にできる物販と言えば、「せどり」です。せどりとは何かというと、「小売店と自社販路の差額」を儲けるビジネスになります。例えば小売り店(ビックカメラとか)がセールをやっている時は、通常価格より安く品がでています。

12000円→7000円くらいの割引があった場合、その7000円の商品を買い占め、アマゾンで10000円くらいで売りさばくと1個あたり3000円くらいの粗利、手数料等を引いて2000円くらいの儲けになります。

他にも珍しい物であったり、中古品であったり、差額の大きいものを狙っていけばより大きな利益を得ることができます。原始的かつ理にかなったビジネスモデルです。

 

せどりのメリット

  • 即金性が高い
  • 販売力は不要(仕入れに全力投球)
  • 不良在庫化のリスクは低い
  • 人に教えやすい(情報ビジネス化しやすい)

色んなせどりがありますが、総じて言えるのはリスクが低く即金性は高いということですね。

 

せどりのデメリット

  • 利益率が安定しない(在庫処分に走る人が多い)
  • 仕入に苦労する(安定供給が難しい)

主なデメリットはこの二つですね、初心者が参入しやすい分、安定化を図るのが難しいということです。

 

海外輸出

chinatrade (1)

アマゾンは世界中の先進国にサイトを持っており、総ユーザー数は日本の人口を遥かにしのぎます。アメリカAmazon(amazon.com)の市場規模は、日本Amazon(amazon.co.jp)の約20倍とも言われています。そんな世界を相手にビジネスを展開していくのが「海外輸出」です。

輸出では、ほとんどの場合は「無在庫」でスタートします。取りあえず海外Amazonで相乗り出品をしておいて、売れたら国内で仕入れて、海外に発送するという感じです。膨大な商品数を取り扱うことになるため、ツールの精度や仕組み化である程度の専門的なスキルが必要になってきます。

そして輸出販売に慣れて来たら、売れ筋商品を有在庫化していき、安定供給と手間の削減を行っていき、スケールアップしていきます。

 

海外輸出のメリット

  • 初期資金が少なくて済む(無在庫の場合)
  • ノウハウ自体は単純
  • 販売力はそこまで必要ない

初心者にはまぁまぁオススメですが、やはり「労力」はそれなりに必要になります。

 

海外輸出のデメリット

  • 市場飽和が早い(相乗りは特に)
  • 人海戦術的な稼ぎ方に近い(資産性が薄い)
  • 利益率が薄い

海外輸出はノウハウによりますが、割とセドリと感覚は近い印象です。仕入は安定している分、市場飽和にしわ寄せが行ってる感じですね。

 

中国輸入

chinatrade (2)

KAZUが稼いでいる中国輸入です。今回は客観的な目線で良し悪しを見ていきます。

中国輸入はその名の通り、中国で作られた商品を日本Amazonで販売していく手法です。原価の安い中国だからこそ、工夫次第では高い利益率と安定した売り上げを実現する事ができます。

中国輸入は自由度が高いため、セラーの力量の差がハッキリ出てしまうビジネスでもあります。そのため中国輸入を本気で始める場合は、体系的にノウハウを学び、コンサルやスクールからスタートするのが一般的になっています。

 

中国輸入のメリット

  • 利益率が高い
  • 売上は安定する
  • 戦略の自由度が高い(初心者にとってはデメリットかも)
  • 自動化が楽

中国輸入を一言で表すと「コスパ良し」ということになります。自動化もしやすいので「時間対効果」も高く、利益率も高いので「費用対効果」も高いです。要するに楽に儲かります。

 

中国輸入のデメリット

  • 付加価値を生み出すことが必要
  • 販売力が必要
  • 初期資金が必要

中国輸入のデメリットとしては「慣れるまでムズイ」ということと、「初期資金が必要」ということですね。せどりや輸出は「労働寄り」なビジネスですが、中国輸入は「投資寄り」なビジネスになっています。そのため、投資先を間違えると損が出ますし、正しく投資できれば楽に儲かります。

 

初心者にオススメの物販は?

上で紹介した3つが今をトキメク3大物販だと思います。その中で初心者の方が始めるのに、オススメの物販は何なのかということをご説明させて頂きます。

ずばりオススメは??

KAZUとしてはやはり「中国輸入」が圧倒的にオススメです。理由としては、圧倒的に「稼ぎ易い」との声が多いからです。KAZUは輸出やセドリを行っている方からも、コンサルの依頼を頂くことが多いのですが、やはり口をそろえて「こんな稼げるんですね」というお声を頂きます。

KAZU自身セドリは若干やっていたのですが、同時に進めていた中国輸入の方が圧倒的に稼ぎ易かったため、そちらに完全にフォーカスしました。その結果3年で年商3億前後まで成長することができました。

もし中国輸入を学びたい場合は、KAZUのブログやメルマガでかなり踏み込んだ部分まで「無料」でお伝えしています。ぜひ一緒に稼いでいきましょう(^^♪

↓↓もう少し詳しく中国輸入を知りたい↓↓

アマゾン×中国輸入転売のノウハウ一覧!初心者にオススメのノウハウは?

 

↓中国輸入の歩き方 – 0 to 300 – ↓

↓中国輸入の歩き方 – 300 to 1000 – ↓

 

自由なライフスタイルKAZU式中国輸入メールマガジン

main-ph02

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

初心者からベストセラーを多数輩出した、KAZUのノウハウが濃密に詰まった超有料級のメルマガ講座

無料で今すぐ登録

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)