Amazon全般

AmazonタイムセールってSEOに有効?落とし穴まで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アイキャッチ

どーもKAZUです!
今日はAmazonで販売個数を一瞬にして上げることができる、タイムセールについての記事を書いていきたいと思います!
あなたのライバル商品にも、タイムセールをして売り上げを押し上げている出品者を見かけたことはありませんか?
Amazonでタイムセールを実施することでどのような効果があるのか、またSEO対策に効果はあるのか?デメリットは?ということろを解説していきたいと思います!

タイムセールとは?

letthink2

タイムセールとはその名の通り、時間制限があるお得なセールのことです。
その中でもAmazonのタイムセール毎日開催されています。タイムセールにも特選タイムセール・数量タイムセール・お買い得情報の3つがあります。

まずはタイムセールの種類について解説していきたいと思います。

特選タイムセール

特選タイムセールは、通常のセールのように申し込みはでません。Amazonの担当部署から直接案内があった人のみ参加可能(それ以外は非公開です)

数量限定タイムセール

これがいわゆる一般的な「タイムセール」になります。その名の通り数量が限定されているセールのことです。数量限定タイムセールに参加する前に条件があります。

・大口出品者であること
・新品の商品
・出品者評価が1ヶ月あたり5件以上の評価を獲得している
・出品者評価が4.0以上であること

特選タイムセールのように、一部の出品者しか参加できないセールではなく大口出品者であれば、ほとんどの人が参加できるタイムセールです。

お買い得情報

お買い得情報は「夏の暑さ対策特集」などの特集系やが多いですね。
「レジで割引キャンペーン」「まとめ割引」「ポイントキャンペーン」などがお買い得情報になります。

タムセールには上記の3つの種類があります。売り上げをあげるには一部の出品者しか申し込みのできない特選タイムセール、もしくは数量限定タムセールが効果的です。
今回は一般的なセールである数量限定タイムセールについて説明していきたいと思います。

タイムセールの設定方法

設定

では次はタイムセールの設定方法を解説していきたいと思います!
まず、セラーセントラルのトップページの「広告」⇒「タイムセール」

1
するとページが切り替わります。

2

ページ下部に現時点で数量限定タイムセールに参加できる商品が表示されます。数量限定タイムセールに参加させたい商品の「詳細な編集」をクリック。ここで注意していただきたいのが、必ずしも今あなたが数量限定タイムセールに参加させたい商品が出品可能な商品として表示されているとは限りません。

3
①タイムセール情報
ここは自社でわかりやすいように入力してください。例:雑貨2018/10/13数量100個セール

②スケジュール
ここは先ほど選択した商品の日程を決める項目になります。ここの日程は出品者が独自に日にちを決めるのではなく、Amazonから決められた日程でその中から決める流れになります。

4
③商品の詳細および価格
ここでは数量限定タイムセールに出す商品のタイムセール時の価格と、タイムセール時の数量は何個にするかを決める項目になります。

数量限定タイムセールは参加するのに4000~8000円の手数料がかかります。基本的には4000円で参加ができるのですがAmazon内で多くのアクセスが見込める日程などは8000円の手数料のことがあります。

数量限定タイムセールのメリット・デメリット

メリット

ここではわかりやすくタイムセールに参加した場合のメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

メリット

・ちゃんと売れれば検索順位が上がる
・セッションが増える(通常Amazonは検索流入が基本ですがタイムセール商品だけを集めて掲載しているページに載るため)
・検索からの流入のお客さんからのファーストビューが安く見える(一時成約率アップ)

デメリット

・手数料が4000~8000円かかる。
・タイムセール終了後、2週間は販売価格の変動はできない

以上になります。
次はこのメリットデメリットを踏まえたうえでタイムセールによってあなたにどんな影響が及ぶかを解説していきたいと思います。

数量限定タイムセールによる効果

効果

まず、「タイムセールでどれだけ販売個数が見込めるか」なのですが、今までの経験から言うと、タイムセール内SEO(後述)をしっかり行えば「100~200個」は固く売れます。

セッションも売上も上がりますので、SEOをには有効な手段かのように思えますが、ここには落とし穴があります。

それは、ユニットセッション率が大幅に落ちるということです。ユニットセッション率が大幅に落ちると、検索順位が落ちるケースが多いです。

まぁ興味無い人が「なんか安くて良いの無いかな~」って屋台巡り感覚で見に来るので、当然成約率は落ちちゃいますよね。

在庫処分などに使うのはOKですが、SEO対策とタイムセールは基本的に結び付けないようにしておきましょう。そもそもKAZUのメルマガの中で、しっかりAmazonSEO対策を学んでおけば必要ありません。

タイムセール内SEO対策

ts1

何かしら理由があって、タイムセールを行いたい場合は、タイムセール内SEO対策を実践しましょう。

KAZUはタイムセールに頼る必要も、脅かされる心配も無いのですが、一時期は躍起になってタイムセールを研究していました。そのため、タイムセールの攻略法もしっかりお伝えできるわけです。

まず、タイムセール会場内では、商品が無作為に並んでいるように見えて、実はしっかりアルゴリズムに則って掲載順位が決められています。Amazonが考えているのは、より多くの手数料を踏んだくれる仕組みです。毎度のことですが、短期決戦においては仕組みを逆手に取ってあげましょう。

1 スタートからの経過時間
2 販売金額
3 クリック率
4 成約率

タイムセールは上記の項目を数値化して、掲載順位を決めています。クリック率や成約率は、タイムセール当日にどうにかできる話ではないので割愛します。タイムセールでの上位表示獲得には「スタートからの経過時間」「販売金額」が重要になってきます。

経過時間 3時間
1時間当たりの販売金額 16000円
→今3時間×16000円で48000円売れてる
→残り5時間で+80000円売れるだろう!

例えばスタートから3時間経過していて、1時間当たりに16000円購入されている場合は、8時間で128000円売れるだろう、とAmazonは計算予測することができますよね。

経過時間 15分
販売金額 30000円
→今0.25時間で30000円売れてる
→単位時間当たり120000円売れるだろう
→8時間で960000円売れるだろう!

「1時間あたりの売上×8時間」の数字を大きくしてくださいね。そろそろ、勘のいいひとは分かってると思いますが、タイムセールは「スタートダッシュ」で売上を稼ぎ、8時間後にはこれだけ売れているはずだ!とAmazonに勘違いさせることが重要です。何時間も経過した後だと、巻き返すのが大変なのはお判りいただけると思います。

今でもAmazonのタイムセールアルゴリズムが変わっていなければ、上記の方法で「スタート直後にタイムセール内上位表示」が可能になり、8時間ずっと1ページ目に表示され、タイムセール売上の最大化を図ることができます。(もちろん上位表示されれば、売れる商品であることが前提)

あとは、残り時間が短くなってくると、当然上位表示されやすくなってきます。出して1個も売れないってのが続けば、タイムセールを使ってくれる出品者が減っちゃいますから、その辺はAmazonも打算的に配慮していますね。

どうやってスタートダッシュするかは、お任せしますが、包み隠さず言うとKAZUは自社買いしてましたね(笑)本質からずれた黒歴史(笑)

まとめ

今回はタイムセールについての記事をまとめていきました。
もしあなたが今タイムセールに頼らないと売上を保てない状況に陥っているのであれば、もっと上手なタイムセールの活用方法を学ぶのではなく、KAZUのメルマガ読者様方のように「タイムセールに頼らなくても売り上げを上げる方法」を学ぶことが重要です。タイムセールって言ってみれば、ただの広告ですからね。本質ではないので、頼らないようにしておきましょう!

↓中国輸入の歩き方 – 0 to 300 – ↓

↓中国輸入の歩き方 – 300 to 1000 – ↓

【※ブログでは書けない】20日間で売上通知が鳴り止まなくなる中国輸入メール講座へ登録!※特典付き

994 - コピー

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

初心者からベストセラーを多数輩出した、KAZUのノウハウが濃密に詰まった超有料級のメルマガ講座!※特典付き

無料で今すぐ登録

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)