Amazon全般

これだけは理解したい中国輸入の基礎ノウハウ~リサーチ・代行・仕入れ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
china

 

どーもKAZUです!

今回の記事ではKAZUが稼いでいる「中国輸入」について、分かりやすく基本と概要を解説していきます。まだ中国輸入を知らないという方も10分後には、「なぜ中国輸入が儲かるのか」がしっかりと理解できる状態になっています。

合わせてKAZUのプロフィールも見て頂けると嬉しいです(^^♪

では早速行ってみましょう!

 

中国輸入ビジネスとは??

5h_dmux_7re-li-yang

まずざっくりと中国輸入というものを解説します。中国輸入とは、「中国で買った(作った)商品を日本で販売する」というビジネスになります。中国にGDPが抜かれた今でも、日中間の商品価格には「大きな差」がありますので、その差額を儲けようというのが中国輸入をやる目的です。具体的に言うと「タオバオ」や「アリババ」で購入した商品を、日本のAmazonや楽天などのプラットフォーム上で販売するのが、、一番ポピュラーな手法になります。

基本的な流れ

中国輸入では次の5つのステップで、販売サイクルを回していきます。

  1. 商品リサーチ
  2. 商品の発注
  3. 商品の日本へ輸入
  4. 国内での販売
  5. 在庫のリピート発注

 

商品リサーチ

中国輸入ではまず、「売れそうな商品を探す」というところから始まります。このステップは最も重要で、中国輸入の利益はこのリサーチにかかっていると言っても過言ではありません。

商品リサーチにおいてキモとなってくる部分は次の3つの項目です。

  1. 需要の大きさ
  2. 供給のバランス(供給が多すぎないか)
  3. 利益が出るのか

 

↓Amazonカタログの見方

↓2年前の動画ですが、基礎的なAmazonでの需要の見方は理解できます。

 

↓中国側での商品の探し方

 

↓最新のリサーチ方法

億越え中国輸入セラーの商品リサーチ方法

 

↓利益の計算方法

中国輸入商品の仕入値計算

アマゾンでの利益計算の仕方~初心者必見ノウハウ~

Amazon内においても、考え方は一般のビジネスと同じです。需要の大きさ、需要と供給のバランス、利益が出るのか、この3つを吟味して、参入する商品を選んでいきましょう。

 

商品の発注

Amazonで需要のある商品を見つけて、アリババに発注したい場合は「代行会社」を通す必要があります。代行会社とはその名の通り、「中国でのお買い物」と「日本への発送」を代行してくれるサービス業です。代行会社の選び方やオススメの代行会社についての記事がありますので、ご参考にお読みください。

知らなきゃヤバイ!?中国輸入代行会社の料金相場

商品の日本への輸入

代行会社が商品を発送してくれる際に、2つの経路があります。Amazonで商品を販売する場合、FBAというAmazon倉庫が売れた商品の発送を代行してくれるシステムがあり、そのAmazon倉庫に送る方法が一つです。もう一つは自宅or自社まで通常通り商品を運んでもらい、自社からお客様やAmazon倉庫に商品を送る経路です。

  1. 代行業者→Amazon倉庫→お客様
  2. 代行業者→自社→Amazon倉庫orお客様

商品を輸入する際には様々な経費が掛かりますが、それについてもこちらの記事にまとめております。

中国輸入商品の仕入値計算

国内での販売

商品が手元に届いたら、それをお客様に販売する必要があります。ほとんどの方は最初Amazonで販売することになると思います。Amazonが最も手軽に稼げるためです。Amazonの販売には2パターンあります。

  • 相乗り出品
  • 新規カタログ作成

相乗り出品というのは、すでに存在しているカタログに対して、在庫を提供する販売形態です。この場合1つカタログに対して多数の出品者が存在するため、価格競争が起きやすく、「手軽」という以外には不利になる要因が多い手法です。

今のトレンドとしては新規カタログを作成して販売していく手法になります。まだAmazonに存在しないカタログを自分で作成し、テクニックを行使しながら独占的に販売していく手法になります。

新規カタログについては下記の記事で販売テクニックを解説しています。

2017年版Amazonで商品を爆売りするSEOの極意

在庫のリピート発注

ここまでの流れで、新しい商品を売り出すことができます。商品が売れ時始めたら、売れ行きに応じて再度商品を発注することで、販売機会の損失をなくし利益を積み上げていくことができます。

例 1日5個売れる商品 → 150個発注(1カ月分)

よく売れて利益の出る商品を積み上げていくことで、売上を右肩上がりに増やしていくことができるようになります。

 

具体的な商品例

イメージを掴むために、具体的な商品例を一つ上げてみます。

0001 0002

この商品は1日100個以上売れている人気商品ですが、かなり利益のでる美味しい商品です。

Amazonの価格1189円、アリババの価格が6.6元だとすると、

仕入れ価格160円前後、FBAでの利益率51%、自社発送67%くらいになります。

つまりFBAに在庫を入れてほったらかしておけば、日給で6万円くらい月収180万円を稼いでくれる超優良カタログです。

なかなかこのレベルのカタログを作るのは、簡単にとは行きませんが一度できてしまえば一定期間はずっと売れ続けてくれます。このカタログもう2年くらい売れ続けているカタログになります。

 

いかがでしたでしょうか?

中国輸入のイメージを少しでもつかめて頂けたら嬉しいです。メルマガで上の商品のように「1商品を爆発的に販売するOEM戦略」を20日間の講座で「無料」で学ぶことができます。

 
メルマガ

KCT

自由なライフスタイルを実現するための中国輸入メルマガ講座

994 - コピー

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

通常の最新情報メルマガのみを希望の方はコチラ

(20DAY講座に登録すると、最新情報メルマガも届きます。)

 

無料メルマガ登録

コメントを残す

*