Amazon全般

アマゾン×中国輸入転売のノウハウ一覧!初心者にオススメのノウハウは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Men_waiting_poseHands_511748

どーもKAZUです!

今日は中国輸入×アマゾン転売のノウハウの種類を解説していきます。中国輸入をスタートするにあたって、「誰から」「どんな」ノウハウを学ぶかによって、1年後に稼いでいる金額はかなり変わってくると思います。

KAZUは中国輸入を3年以上はやってますので、一通りのノウハウについては勉強し、どのノウハウが稼ぎやすいのかを熟知しております。今日の記事を読んで頂くと、「本当に儲かる中国輸入」のノウハウは一体どれなのかということを知り、1年後には大きな結果を生むことができます。

 

中国輸入転売のノウハウ一覧

Lotus_position_Three_3_Sitting_Hands_Yoga_517851_1280x853

中国輸入のノウハウはざっくり分けて「3系統」あります。KAZUは全部に触れ実践してきたので、かなり「本当はどうなの??」という部分まで解説することができます。

 

① 無在庫転売

Fitness_Human_back_Dumbbells_Braid_hair_Glove_514996_1280x853

一つ目のノウハウは「無在庫転売ノウハウ」です。ざっくり説明すると先に商品をお客様に提示し、お客様から注文が入った後に仕入れをするというノウハウになります。一般的な小売りでは「仕入れ→販売」ですが、無在庫転売では「販売→仕入れ」となります。

 

無在庫転売のメリット

  • 売れた後に仕入れるので在庫リスクがない
  • 余分な仕入れがないので資金が少なくて良い
  • 量で攻めれるので外注化しやすい
  • 売れた後に有在庫化も可能
  • 誰でも簡単に始められる

ざっくりメリットはこんなところです。特筆すべきはやはり「リスクが少ない」という部分かと思います。

 

無在庫転売のデメリット

  • あまり売れない
  • 成長が遅い
  • 資産性がない
  • 誰でも簡単にできてしまう
  • アカBAN率が高い

無在庫であるがゆえに、お客様に提示できるメリットが少なく、競争力に欠けるのが一番のデメリットかと思います。また、お客様にお届けする品質も低くなってしまいますし、届けるのにも時間がかかるので、やはりクレームは多くなってしまいます。

 

無在庫転売はオススメ??

KAZUの個人的な意見ですが、無在庫は絶対にやらない方が良いです。在庫リスクが低い代わりに、「売れない」という強烈すぎるリスクがあるためです。また実際の所やってみると分かりますが、「時間対効果」が著しく低いです。

実際にKAZUのコンサルを受けて頂く方の中には「無在庫」からの乗り換えの方も多いのですが、毎回「アマゾンってホントはこんなに売れるんですね~!」と驚かれます。

無在庫転売で数百商品を取り扱い月商150万くらいを販売していた方が、KAZUのコンサルを受けて販売開始後1カ月目で月商300万アップした事例もあります。

 

② 有在庫×小ロット多品種

Men_Dumbbells_Muscle_White_background_514962_1280x853

二つ目のノウハウは有在庫です、少ないロットで色んな商品を仕入れてきて、リスクを抑えながら、でも有在庫のうまみは得ながらというノウハウになります。相乗り出品・新規出品両方ですね。ロットが低い仕入れは全て該当します。

 

有在庫×小ロット多品種のメリット

  • 有在庫なので売れやすい
  • 多品種なのでリスクヘッジができる

無在庫に比べると格段に「売れやすい」ということが大きなメリットかと思います。また「相乗り出品」か「新規出品」かによっても変わってきますが、一応独占販売も可能ではあります。

 

有在庫×小ロット多品種のデメリット

  • 資産性が薄い
  • 不良在庫が溜まる
  • 在庫管理が異常に大変

売れやすいのは良いのですが、その反面「売れない」商品はどう頑張っても売れません。感覚として20%くらいは不良在庫になっていくのではないでしょうか?また多品種を扱うため、在庫管理や発注作業が大変になってきます。

 

有在庫×小ロット多品種はオススメ?

仕入れるということを体験する意味では、やってみても良いかなと思います。実は売上も結構上がります。しかし売れていくのは「上澄み」の良い商品達で、裏では不良在庫が絶対に溜まっていきます。

月商で100万くらいで止めておいた方が良いです。KAZUと一緒に次のノウハウをやっていきましょう。

 

③ OEM:少数精鋭

Men_Black_background_Barbell_515815_1280x814

KAZUが稼いでいるのはこの「OEM」というノウハウになります。大きなロットで仕入れて、1商品を大量にさばいていくという手法になります。商品のカスタマイズ等もできるので楽しいです。

 

OEM:少数精鋭のメリット

  • 少ない手間で大きく稼げる
  • 利益率を高く保てる
  • 資産性が高く年単位で稼ぎ続けられる
  • 商品のカスタマイズ等ができる
  • キャッシュフローが良い

OEMのメリットは数えきれないですが、今現在の中国輸入のノウハウの中では断トツで「稼ぎやすい」です。特に、一回売れる状態を創れれば、それが長く持続するというのがいいですね。

 

OEM:少数精鋭のデメリット

  • 1商品当たりのリスクが大きい
  • 資金がある程度は必要
  • デリケートな戦略なので外注化しにくい

1商品で1000、2000はロットで仕入れていきますので、安くても10万から、数十万~300万くらいまでは普通に発生します。1商品当たりのリスクについてですが、販売手法をキチンとマスターすることによって、ある程度消化することができます。

 

OEM:少数精鋭はオススメ?

ずばりオススメです。OEMでは毎日成功者が生まれています。1商品で数百万動く世界なので、成功したときの喜びはかなり大きいです。OEM戦略はAmazonの一番美味しいところを利用して稼いでいく戦略なので、最も資金効率・時間効率ともに優れています。

また、今現在中国輸入で大きく稼いでいる人はほぼ全て「OEM」で戦っています。当然KAZUもその一人です。

 

中国輸入OEM×アマゾン新規出品を学ぶには??

Little_girls_Glasses_499319

OEM戦略は確かに稼げます。しかし正しい知識と経験がある程度は必要になってきます。そこで、いきなりトライするのではなく、ぜひKAZUのブログで基礎知識を身に着けてください。

また、ページ下部にあるKAZUのメルマガでは、20日間にわたって「OEM」戦略の深いノウハウをお届けしています。無料で登録できますが、内容は超有料級です。今現在年商9桁を超えるKAZUのノウハウなので、少なく見積もっても数百万の価値はある内容になってます。

KAZUのコンサル生の中では、初心者でありながらOEMに挑戦し、副業でも数十万を稼ぎ続けている方も存在します。KAZU自身9桁売るのにかかっている時間は1日1~2時間ほどで、時間効率も素晴らしいなと思っています。

今から中国輸入を始めるのであれば、OEM一択なので、ぜひ登録して大きく稼いでいきましょう!

メルマガ

KCT

自由なライフスタイルを実現するための中国輸入メルマガ講座

994 - コピー

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

通常の最新情報メルマガのみを希望の方はコチラ

(20DAY講座に登録すると、最新情報メルマガも届きます。)

 

無料メルマガ登録

コメントを残す

*