法律・輸入・ルール

中国輸入での偽物商品についての考え方!アマゾン転売はコピー品に注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
f97b2b112bb2d19d5825154f01456c1f

どーもKAZUです。

今回の記事では中国輸入で気を付けるべき「偽物」についてお伝えしていきます。「偽物」は売れますが、絶対にタッチしてはいけない分野なので、その見分け方等を説明していきます。

 

タオバオやアリババに売ってるブランド品は本物??

work-2005640_1280

初心者の方が「アリババ」や「タオバオ」で中国輸入商品を物色していると、必ず「ブランド品」が目に入ると思います。ナイキ、アディダス、シャネル、ヴィトンなんでもござれです。しかし中国のネットで売ってるブランド品は99.99%は偽物です。中国だから安いのかも?と思ってしまうかもですが、絶対に扱わないようにしましょう。

偽物を扱うとどうなるのか?

hammer-719066_1280

まず偽物=コピー品を扱うことは犯罪行為であるということを頭に入れておきましょう。刑罰的なものを除いて、中国輸入で偽物を扱うとどうなるのかを見ていきましょう。

税関で没収される

国内に偽物や危険物を入れないために「税関」という機関があります。海外から入ってきた荷物をチェックする役割を果たします。そこで偽物商品を輸入していることが発覚すると、税関に荷物を没収(正確には任意で破棄)されるので注意しておきましょう。正常な荷物まで届くのが遅れてしまいます。

アカウントを長く保てない

実際のところ税関では全ての荷物を一個一個チェックするわけではないので、稀に偽物がすり抜けて通関することもあります。つまり輸入できることもあるわけです。しかし今度は販売するプラットフォーム側が偽物販売を規制します。偽物を売ってるということがバレた瞬間にアカウント閉鎖されますので注意しておきましょう。

偽物のラインはどこから?

doors-1690423_1280

偽物と一言で言っても、その悪質性は様々です。デザインからロゴまで同じ明らかな「偽物」から、結構似てるけど大丈夫かな~くらいの物まで様々です。そこであなたが検討している商品が果たして偽物なのかどうかを見分ける方法を説明していきます。

偽物の定義

「偽物」とは何なのか?ということを理解しましょう。公的に権利が付与されている権利者以外が、その権利を使用する場合に「偽物」と呼ばれます。つまり公的な権利が無ければ、真似しても偽物ではありません。代表的な公的な権利は「特許(機構や発明)」「商標(文字列やロゴ)」「意匠(デザイン)」この3つです。

一番やっかいなのは偽物と知らずに偽物を扱ってしまうことです、例えば「ルービックキューブ」に対してルービックキューブ以外の呼称を思いつく方はかなり少数派だと思います、なので普通に仕入れて「ルービックキューブ」として販売しようとするでしょう。しかし「ルービックキューブ」は実は商標登録されていて、権利者以外はその名称を使うことが禁じられています。

分かり辛い権利も存在するということを覚えておきましょう、他にも「美少女」や「ニート」という言葉なんかも商標登録されていたりします(笑)

3つの権利に関して権利者がいるのに、無断で使用することで「偽物」が生まれます。しかし、全部を把握することは不可能なので、公的な権利は基本的に「調べる」ことができます。

どうやって調べる??

特許権や商標権、意匠権などを調べる場合には、下記の「J-PLAT-PAT」というネーミングセンスのないサイトを使います。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

上記サイトでは「ヘルプデスク」も設けられているので、使い方が分からない場合は電話でアドバイスを受けることができます。初見では何をどう調べればいいのかめっちゃ分かり辛いので、電話で聞きながら調べるのがオススメです。

また商品に入ってるロゴに対して「○○ 偽物」とかでググってみるのもかなり効果的です!

まとめ

  • アリババやタオバオのブランド品は全部偽物
  • 偽物を売っても長続きしない
  • 偽物は「特許」「商標」「意匠」を無許可で使用している物すべて
  • 3つの権利はJ-PLAT-PATで調べられる

以上、今日は偽物に関する記事でした!
メルマガ

KCT

自由なライフスタイルKAZU式中国輸入メールマガジン

main-ph02

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

初心者からベストセラーを多数輩出した、KAZUのノウハウが濃密に詰まった超有料級のメルマガ講座

無料で今すぐ登録

コメントを残す

*