Amazon全般

Amazonから商品ページが削除されてしまったら・・・カタログを秒速で復旧させる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
160723-1-000

どーもKAZUです!

プラットフォームでの販売では、
基本的に運営元の独断で
とんでもないトラブルが起こりますよね。

Amazonで言えば「アカウント閉鎖」
代表的なトラブルですが、
その他にももっと厄介な
商品ページ削除」という罰ゲームもあるんです。

アカウントが消えただけなら
在庫を新しいアカウントに入れ直せば済むことです。
しかし「商品カタログ」そのものが削除されてしまったら
今まで積み重ねてきた商品レビューや、
血を吐いてきたSEO対策が
一夜にして無に帰すわけですから
痛いですよね~~~

しかし、あきらめる必要はありません。
ありとあらゆるトラブルを報告・経験してきたKAZUが導き出した、
最短最速かつ確実な解決方法をお伝えしていきたいと思います。


Amazon商品カタログ削除される原因とは??

man_on_a_ledge1

まずは「なぜ商品カタログが削除されたのか」
原因を確認しましょう。

Amazonでの出品禁止商品

商品カタログが削除されたときは、
パフォーマンス通知」が必ず来ます。

そこに何らかの原因が書いてありますので、
どんな理由で削除されたのかを
確認するようにしておきましょう。

そして周りに誰もいないことを確認して、
姿勢を正し、目を閉じ深呼吸を済ませたら、
丹田に力を込め、画面に向かって大声で
「ふざけんな!!!!!!!!」と
言ってやりましょう!!

商品カタログ復活できるパターン

商品カタログが復活できるパターンとしては、
商品そのものが違法でないこと」が絶対条件になります。

言い換えれば、「書き方・魅せ方」がまずいだけの場合に限ります。

ポルノ関連とか偽造品の類は
商品カタログ再掲載はできません。

何で商品ページが削除されたかはどうでもいい

letter

先ほど「なぜ商品ページが削除されたか」
という理由を確認しましたね?

しかし違法なものでない「復活できるパターン」であれば
なぜ削除されたかはぶっちゃけ「どうでもいい」のです。

「おい、KAZUどういうことだ!?」と言わずに
もう少し読み進めて下さいね!

商品ページ再掲載までの道のり

商品ページが削除された原因が何であれ、
商品ページをAmazonに再掲載してもらうまでの道のりは同じです。

「原因を取り除く→テクサポに再掲載を依頼する→許可がおり再掲載」
全てこの手順で復活することができます。

では一体どうやって「原因を取り除く」のか?

Amazon販売で困ったら即テクニカルサポートへ!即返信がくる問い合わせの仕方とは??

商品ページ削除された原因を取り除く

商品ページが削除された誰しもが
「まず、とりあえず、取り急ぎ復旧させたい」と考えるはずです。

それでいいのです。
「とりま」復旧させましょう。

原因を究明し対策を施す前に
まずカタログを復旧させることに努めましょう。

商品カタログが削除される原因は
商品カタログに突っ込みどころがあるから
なんですよね。

つまり「突っ込みどころ」を無くせばいいわけです。

突っ込みどころとは
商品タイトル、商品仕様、画像、KWなどなど
カタログのあらゆる情報です。

商品カタログが削除されたら、
まずこれらの情報を可能な限り削ってください。

商品仕様や説明文、KWを全て削除し
画像もメイン画像以外は全て削除、
タイトルも簡素なものを入力してください。

そうすればとりあえず「突っ込みどころ」は無くなるわけです。

可能な限り情報を削った後で、テクニカルサポートに
「○○な原因を改善したのでカタログを再掲載してください」
とお願いするようにしましょう。

これでとりあえず復旧はできるはずです。

違反が軽度だった場合は1~2日、
深刻な問題だった場合は7~10日、
ほどで復旧が確認されています。

商品カタログ復旧するまでの間に情報を精査する

Specialists

こんなトラブル二度と起こしてなるものか、、、、
そう息巻くアナタに「再発防止」の策を授けたいと思います。

Amazonはあらゆることの素人

まず、Amazonは「あらゆる法律や規制に関して」素人であるということを認識しましょう。

実際には内部に専門家はいるのですが、
Amazonとしては「際どい」商品をサイトに掲載し
“攻める”必要はあまりないわけです。

その結果どうなるかというと、
「疑わしきは罰せず」という姿勢になり、
何でもかんでも削除しがちだと認識してください。

Amazonと専門家両方に相談すべし

上記のことから、
「アマゾン」を信用しすぎることはできないです。

しかし、専門家の意見と「素人Amazon」の意見が
食い違う可能性も十分あるわけです。

よって両方に原因を相談し、
解決策を導くようにしましょう。

専門家がいいといっても
Amazonがダメというときもありますし、
Amazonがいいと言っても
専門家がダメと言えばAmazonが意見を曲げたり、
あらゆる可能性に対応する「無難」なカタログにしておきましょう。

弁理士や弁護士の相談料は
1時間あたり数千円~2万くらいなので
カタログ削除の損害に比べれば
うんと安く済みます。

基本的な対策の方針はこの記事に則って行って頂ければ、大きなミスや遅延なく商品カタログを復活できることかと思います。しかし、イレギュラーな案件の場合は必ずしもこの限りではなく、「証明書の類」や「専門家の一筆」が必要な場合もあります。そんな気配がする案件だった場合はKAZUに相談してください、メルマガに登録して返信してくれればメッセージ届きます。

もしアカウント閉鎖になってしまった場合は?

もし違反と同時に「アカウント閉鎖」になってしまった場合は、下記記事を読んで1日でも早く売上を取り戻せるように努めましょう!

~中国輸入の悪夢~Amazonアカウント閉鎖理由・復活方法まとめ!

 

↓中国輸入の歩き方 – 0 to 300 – ↓

↓中国輸入の歩き方 – 300 to 1000 – ↓

 

【※ブログでは書けない】20日間で売上通知が鳴り止まなくなる中国輸入メール講座へ登録!※特典付き

994 - コピー

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

初心者からベストセラーを多数輩出した、KAZUのノウハウが濃密に詰まった超有料級のメルマガ講座!※特典付き

無料で今すぐ登録

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)