楽天

【楽天】全商品ディレクトリIDとタグIDの設定は意外と重要!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
e20645a3

どーも!KAZUです!

今日は、意外と見落としがちな「ディレクトリID」「タグID」について書いていきます!「ウチの商品は、SEO対策しっかりやって、検索で1位取れてるからいいでしょ」と、「ディレクトリID」「タグID」の設定を、行っていない店長さんの多いこと!!

ユーザーの取りこぼしを、なくすために、「ディレクトリID」「タグID」の設定は、必須です!

初心者店長さんの為に、まずは、「ディレクトリID」「タグID」が何なのかを書いていきます!

全商品ディレクトリIDとは?

652626
全商品ディレクトリIDとは、楽天市場のジャンルのことです。Amazonでいうところのブラウズノードです!

商品をジャンルごとに分けて、ユーザーが探しやすい様にしているのが、「全商品ディレクトリID」です。ディレクトリは最大5段階あり、商品は末端ディレクトリにのみ登録することができます!

全商品ディレクトリは正しく選択する

ユーザーの多くは、検索やジャンルから欲しい商品を探します。誤ったジャンルに登録した場合、ユーザーが探しにくくなるだけではなく、商品登録ガイドライン違反にもなるので、見つかれば加点対象になる場合もあります。

例えば、販売している商品が、ビールだった場合、「ビール・洋酒」のジャンルになります。「ビール・洋酒」以外の「水・ソフトドリンク」など、別ジャンルを選択した場合、違反対象になります。

Amazonでは、ベストセラーマークを取る為に、全く違うブラウズノードを選択している商品もありますが、楽天の場合は、加点対象になるので、正規のジャンルに登録しましょう!

タグIDとは?

98754

全商品ディレクトリIDに加えて、商品に新たな情報を追加できるのが「タグID」です。

タグは、一つの商品に、最大32個まで登録することができます。商品登録時に必要な情報の「タグ」を設定することで、ユーザーが欲しい商品を検索するときに、より詳しく商品を絞り込むことができます!

タグIDの見直し

楽天は、不定期でタグIDを変更・見直し・削除をしています。RMSトップにあるサポートニュースで、変更のお知らせがあります。

新しいタグIDが追加されたり、既存のタグIDが削除されたりした場合、自社商品のタグID見直しが必要になります。自社商品のタグIDを見直していないことで、ユーザーの取りこぼしが出る可能性があるので、サポートニュースは、小まめにチェックしましょう!

「全商品ディレクトリ」「タグID」設定方法

楽天RMSで、商品を登録するときに、ディレクトリIDとタグIDを設定します!

今回は、スポーツ・アウトドア商品で進めたいと思います。

まず、RMSトップ➡1.商品登録・更新➡商品ページ設定➡商品個別登録に進みます!

商品個別登録ページの真ん中より少し下に

6262

上記の記載があるので、ID検索を押します。そうすると

9369614

上記、ステップ1が「全商品ディレクトリID」、ステップ2が「タグID」です。

今回、全商品ディレクトリIDは、スポーツ・アウトドア➡スポーツウェア・アクセサリー➡ジャージ➡メンズジャージ➡アウターで進みます。

ステップ2では、32個までタグIDが選択できるので、できるだけ詳しくチェックを入れていきます。

ここまで、入力したら、「全商品ディレクトリID」「タグID」の設定は終了です。

選択するIDに迷ったら

自分で出品している商品なので、わからないということは少ないと思いますが、もし登録するIDを迷った場合は、楽天で検索をしてみましょう。

ユーザーがどのように検索して商品にたどり着くかがわかれば正しいIDを選択することができます!

また、他店舗も参考にしましょう!

まとめ

商品数が多ければ、ディレクトリID、タグIDを設定するのは、正直面倒だと思います。しかし、面倒だからこそ設定をおろそかにしている店舗もあるので、ライバルに差をつけるためにも設定は必ず行いましょう!

明らかに、異なる全商品ディレクトリIDを登録した場合、故意でもミスでも加点対象になる可能性があるので、必ず正しいディレクトリIDを登録してください。

↓中国輸入の歩き方 – 0 to 300 – ↓

↓中国輸入の歩き方 – 300 to 1000 – ↓

【※ブログでは書けない】20日間で売上通知が鳴り止まなくなる中国輸入メール講座へ登録!※特典付き

994 - コピー

売上報告メールが鳴りやまなくなる「OEM戦略」を学べば、たった1商品で月利6桁も可能。商品数を絞るだけで「不良在庫」「終わらないリサーチ」「増え続けるSKU」から解放される理由とは??

初心者からベストセラーを多数輩出した、KAZUのノウハウが濃密に詰まった超有料級のメルマガ講座!※特典付き

無料で今すぐ登録

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)